新型ヴェルファイア、2015年1月26日に発売してから、新型アルファードとともに発売から1ヶ月でそれぞれ2万台の販売台数を記録するなど、新型になっても相変わらずの人気です。

特に今回は、デザインこそ先代のヴェルファイアと見分けがつかない(?)ぐらいの変化かと思いきや、エンジンが新しくなり、プラットフォームも一新して低床化されたり、リアに新開発のダブルウィッシュボーン式のサスペンションが採用されるなど、車そのものは大きく変わっています。

さらに、レクサス車では最近行われていた、スポット溶接箇所を大幅に増やしてボディの剛性も高まっています。

これらの影響で最も変わるのは、走行性能などの乗り心地です。試乗レポートでも、「セダンに負けない乗り心地」という評価がされているほど、乗り心地は高まっているようです。

 

 

© 2016 ヴェルファイア 値引き rss