新型 ヴェルファイア 値引き

新型ヴェルファイアの値引きは「20万円」が目標額です。まだ納期も遅れていることもあり、しばらくは以前のような「50万円」クラスの値引きが出ることは無いと思います。

でも実は、下記で紹介するサービスを使えば、値引き交渉に時間をかけるより、もっと簡単に新型ヴェルファイアの購入総額を安くすることができます。もしかすると通常より「40万円」以上も新型ヴェルファイアを安く買えるかもしれません。値引き交渉だけではない、購入方法を以下で紹介したいと思います。

・新型ヴェルファイア購入時の下取り車はネッツ(ディーラー)以外で売る

理由は後述しますが、下取り車をディーラーに売るのは損をすることが多いです。買取業者ではディーラーよりも数十万円高い査定額を付けてくれることが多いからです。そのためセールスが、わざわざ知り合いの買取業者をお客さんに紹介することがあるくらいです。(後で業者から紹介料をもらうのがセールスの目的ですが)

こちらのサイトにも、買取業者でディーラーよりも「40万円」高く下取り車を買取してもらえた体験談が紹介されています

>>かんたん車査定ガイド

私が知っている実例でも、7年乗ったボルボが買取業者ではディーラーよりも「100万円」高い査定額が付いたことがあります。このようにディーラーの下取りを利用した場合と比べると、査定額に大きな差が付いてしまうことがあるのです。

買取業者で高額査定ができる理由は、買取後の車の販路がディーラーよりも多いので、売れ残って在庫車になるリスクが少ないからです。ディーラーでは下取り車として買取しても在庫になりやすい「5年」「7年」落ちの車や「外車」なども、買取業者ではちゃんと次の買い手が見つかっていて高く査定してもらえることがあります。

下取り車が高く売れれば、その分だけ新型ヴェルファイアの購入総額は安くなります。まだまだ値引きが少ない新型ヴェルファイアを安く買うには、とても有効な方法です。

・買取業者の利用にも注意点がある

ところが、買取業者ならばどこでも車を高く買ってくれるわけではありません。買取が得意な車種の違いや、次の買い手が見つかっているかどうかで、一番高く売れる業者は日々変わります。

そのため、その時に一番高く車が売れる業者を見つけるためには、少し大変ですがなるべく複数の業者で査定額を比較することが必要になります。

そこで、時間を掛けず簡単に複数社の査定額の比較がネットでできる、『一括無料査定サービス』の利用がおすすめです。PC、スマホから一度情報入力をするだけで、複数の業者にまとめて査定依頼ができます。また、競合することがわかっているので、業者に最初から良い条件で査定額を提示してもらいやすくなります。

以下に、入力が簡単で査定依頼できる業者数が多い『一括無料査定サービス』をまとめました。新型ヴェルファイアを少しでも安く買うために、値引き交渉だけではなく、下取り車を高額で売却できる『一括無料査定サービス』を有効活用してみてください

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

・かんたんに45秒で情報の入力が完了
すぐに画面上で愛車の概算の査定額を確認できます
・サービスを運営する「エイチーム」は東証一部上場企業
・提携しているのは「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟の車買取査定会社です

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国150社の中から最大10社を厳選して査定依頼ができます
・利用時の不明点は電話のカスタマーセンターで質問と相談ができます
・サービスを運営する「ウェブクルー」は東証マザーズ上場企業です

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・リクルートがサービス運営会社です
公式サイト内に「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」が紹介されています

公式サイトはこちら

トヨタ ヴェルファイア 値引き

トヨタヴェルファイアの値引き交渉のコツです。値引き交渉のコツがわかれば、新型ヴェルファイアの値引きをさらに引き出せると思います。ネッツ店で新型ヴェルファイアの値引き交渉を少しでも有利に進めるための方法です。

・新型アルファードと値引きを競合

ネッツのヴェルファイア、トヨペットのアルファードは兄弟車です。そんなヴェルファイアとアルファードの2台で値引きを競合させると、値引き以外でディーラーも勝負しづらいので、値引き額で勝負してくれるはずです。新型ヴェルファイア、新型アルファードのどちらも、他のメーカの車との競合より、値引き額がアップしやすくなります。

・新型ヴェルファイア同士で値引きを競合

新型ヴェルファイアを販売するネッツが一番嫌がるのが、同じヴェルファイア同士での値引き競合です。経営資本が違うネッツ店をうまく使えば、新型ヴェルファイア同士で値引きを競わせることができます。

例えば、東京都内でも「ネッツトヨタ東京」「ネッツトヨタ東都」「ネッツトヨタ多摩」と、3つ資本が違うネッツ店があります。つまりこの3つのネッツ店はそれぞれがライバル会社なので、まるで冷蔵庫を買う時に同じメーカーの商品で「ヤマダ電機」「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」で値引き額を競わせるように、新型ヴェルファイア同士での値引きを競わせることができます。

 

いかがでしたか。新型ヴェルファイアの値引き交渉のコツを紹介しました。新型ヴェルファイア購入時の値引き交渉では、他のネッツ店との値引き競合をさせると値引き額がアップしやすくなります。さらに値引き交渉以外に、買取業者をうまく使えばヴェルファイアの値引き額以上に、購入総額を安くすることができるはずです。当サイトの情報が新型ヴェルファイアの値引き交渉の役に立てば幸いです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

 

© 2016 ヴェルファイア 値引き rss